猫は虫歯にならない??歯周病に注意は必要??注意したい歯の病気とは。

スポンサードリンク

猫は虫歯にならない?


Kevin Lau

「猫は虫歯になるの?」

猫用のおやつなども販売されており、歯の病気にかからないか疑問に思う飼い主さんもいるかもしれません。

猫は虫歯になりにくい動物。猫が虫歯になるケースはほとんどありません。

虫歯になりにくい理由は歯の構造のため。

猫の歯の構造は、人間のように歯がきっちりと並んでいません。

そのため、歯に食べかすがつきにくい作りになっています。

また、肉食動物は基本的に虫歯になりにくい生き物。

肉は分解されるとアルカリ性になるため、虫歯の原因となる酸性を口内に溜めにくいのです。

しかし、「猫の歯が黒くなっている?」という場合もあります。

このようなケースは別の病気の可能性があるのです。

歯が黒くなるなるケースって?


PROhehaden

猫の歯が黒くなるケースとして、歯が欠けたり、折れた箇所から歯石が溜まっているケースがあります。

硬いものをかじったり、猫同士でじゃれあったりしている時に歯を傷つけてしまい、この傷ついた部分に歯石が溜まり、黒くなってしまうケースがあります。

歯石が溜まってしまうと、猫の歯周病に気をつけなければいけません。

実は、猫は虫歯のリスクはありませんが、歯周病になっているケースは多くあるのです。

猫の歯周病ってどんな病気?


John Morton

歯周病は歯に付着した歯垢や歯石が原因となって、歯茎に炎症が起きてしまう病気。

歯周病になってしまうと、歯がグラグラしたり、歯茎が腫れ上がってしまったり、重症の場合は食事をとることも困難になります。

歯周病が進行してしまうと、治療はとっても大変。

歯を抜く手術や全身麻酔が必要になってくる事もあるのです。

猫は歯周病になりやすい動物。

猫,虫歯,歯周病,歯の病気,
John Morton

猫は虫歯になりにくい一方、歯周病にはかかりやすい動物です。

猫は奥歯に歯垢が付着しやすく、歯石となりやすいため歯茎のトラブルになりやすいのです。

人間と比べ、猫ちゃんは歯のケアがあまりできません。

成猫ちゃんの8割が歯周病にかかっているともいわれています。

歯周病の予防のためには、普段から猫ちゃんの歯をケアしてあげましょう。

ねこ用の歯ブラシを使ってあげることも一つの方法。

歯垢がたまりやすい奥歯を中心に、歯の汚れを綺麗にしてあげましょう。

しかし、これは慣れていない場合、嫌がる猫ちゃんも多いので難しいかもしれません。

そのような場合には、歯の健康に良いデンタルおやつを使う事も一種の方法です。

また、普段から猫ちゃんの口の中をチェックしてあげて歯の欠けや、腫れがないか確認してあげましょう。

特に奥歯は歯の異が出やすいですが、飼い主さんの目につきにくい箇所なので注意が必要です。

普段から猫ちゃんの歯をチェックして、健康に気を遣ってあげてくださいね。

スポンサードリンク