「ウサギの飼い方。」カテゴリーアーカイブ

水菜やチンゲン菜はOK?うさぎに与えて良い野菜一覧。

スポンサードリンク

うさぎに与えても良い野菜は?

うさぎ,野菜,果物,えさ,チンゲン菜,水菜
画像:flickr

野菜や果物を与えると喜んで食べてくれるウサギさん♪

うさぎは基本的に与えた野菜や果物はなんでも食べてくれますが、中には注意が必要なものもあります。

人が食べている野菜の中でもうさぎにとっては、とっても悪影響のあるものも、、。

うさぎに与えてもいい野菜はどのようなものでしょうか??

そもそもうさぎに野菜を与えるメリットは??


画像:flickr

うさぎの基本的な餌はペレットや牧草ですが、これだけの食事ではビタミンC水分が少なく新鮮な野菜も与えてあげる必要があります。

また、野菜を与える際、あくまでも食事量のバランスを考えてあげましょう。

新鮮な野菜は水分量が多いため、過度な量を与えるとうさぎがお腹を壊して下痢をしてしまいます。

また、うさぎは適度な牧草を食べないと、お腹に溜まった体毛がうまく排出できません。

そのため、野菜のみでお腹がいっぱいにならないように注意しましょう。

うさぎに与える野菜の適切量は体重の10%ほどが目安となっています。

野菜を与える時農薬が残っている可能性もあるため、皮の部分なども十分に洗ってから、うさぎの食べやすいサイズにカットしてあげましょう。

うさぎに与えても良い野菜は??

うさぎ,野菜,食べ物,画像,
画像:flickr

■与えても良い野菜
ニンジンの葉・サラダ菜・ミツバ・ブロッコリー・大根の葉・野沢菜・水菜・クレソン・ルッコラ・サニーレタス・カブ・ラディッシュ

→これらの野菜は糖分や水分も適切であり、安心して与えることができる野菜。メインの野菜として与えてあげましょう。

■水分や糖分が多い野菜
ニンジン・キャベツ・トマト・レタス・白菜・きゅうり・小松菜・つるむらさき・かぼちゃ・ピーマン

→うさぎが大好きなイメージのあるニンジンですが、実はうさぎにとっては糖分が多いという面もあります。安心して与えられる野菜ですが与えすぎには注意しましょう。かぼちゃはでんぷん質が多く肥満の原因となる可能性が高い野菜です。

■与えても良いがカルシウムに注意
チンゲンサイ・コマツナ・パセリ

→カルシウムが多い野菜は尿路結石という病気になる可能性が高まります。与えすぎには注意。

うさぎに与えてはいけない野菜は?

うさぎ,野菜,食べ物,画像,じゃがいも
画像:flickr

■穀物類、マメ科植物・イモ類
さつまいも、じゃがいも、さといも・とうもろこし・豆類の食べ物

→でんぷん質の取りすぎは腸内に悪影響を与えます。善玉菌が少なくなってしまい、下痢などを引き起こしてしまいます。

■ねぎ類
玉ねぎ、青ネギ

→動物の多くが中毒を引き起こす野菜。犬や猫も食べることができません。アリルプロピルジスルファイドという成分が貧血の原因となります。

■アボカド

→栄養価の高いイメージがありますが、人間以外には有毒な食べ物。ペルシンという殺菌作用のある成分が嘔吐などを引き起こします。

■ニラ・ニンニク

→これらの野菜も動物に与えてはいけない代表的なもの。赤血球を破壊させるため、貧血や呼吸困難を引き起こします。

また、うさぎの方から好んで食べるからといってこのような野菜を与えてもいけません。

飼育されているうさぎは野生のうさぎと異なり、基本的に何でも食べようとしてしまいます。

野菜のうさぎは食物を摂取する時、本能的に嗅覚を使って食べられる野菜を判断します。

しかし、飼育されている環境にいるうさぎは嗅覚など危機を察知する能力が劣り飼い主に与えられるものは何でも食べようとしてしまいます。

野菜の与え方。その他の注意点は?


画像:flickr

うさぎに野菜を与える時、その他にも様々な注意点が必要です。

うさぎに健康を保ってあげるためにも、下記の点に注意してあげましょう!

うさぎのくしゃみの原因はスナッフルという感染症かも?

スポンサードリンク

■うさぎもくしゃみをする?


画像:photozou

うさぎもくしゃみをすることがあり、そのような場合には4つパターンが考えられます。

1つめ目は、ほこりやごみなど異物が鼻に入ったパターン。これは人間と同じく一時的なものなので心配することはありません。

2つ目のパターンはウサギがアレルギーの症状を起こしている場合です。

アレルギーの原因は飼育環境からくるもの多いです。

うさぎのケージのすのこや木製のチップ、かじり木などに反応してアレルギーが出ている場合があります。

このような場合は原因と考えられるモノの、素材を別のものに変えてあげましょう。

3つ目の原因としては、うさぎが高齢になってくしゃみをよくするパターン。

うさぎは高齢になると、骨が弱くなっていきます。

特に前歯は一生伸び続けますが、もろくなってしまった場合、歯の欠損などから炎症が起きてしまいます。

このような場合は、獣医さんに相談し抜歯や歯を削るといた治療が行われることもあります。

4つ目のパターンは病気の可能性があるくしゃみです。病気の疑いがあるくしゃみは、連続的であり、鼻水が出るといった症状が見られます。

病気の場合は感染症の可能性があります。うさぎがかかってしまう感染症とはどのようなものでしょうか。

■うさぎがかかるスナッフルとは?


画像:flickr

スナッフルとは最近の感染により、鼻、のどなどの器官に異常がでる症状です。

うさぎは鼻やのどが敏感な生き物。異常があれば分かりやすい症状が出てしまいます。

スナッフルになった場合の主な症状としては、

・鼻水が頻繁に出る
・くしゃみを連続的にする
・涙目であったり、目やにが出る

等の症状が見られます。

細菌に感染した場合は、お医者さんに連れて行ってあげましょう。

細菌感染の場合、飼育環境やエサを変えるといったことでは症状は改善しません。

万が一の場合は、症状が悪化し、ウサギが呼吸困難になる可能性もあります。

■うさぎがスナッフルになる原因は?


画像:photozou

スナッフルになる原因はどのようなものでしょうか。

スナッフルの原因となる菌はパスツレラ菌というものが原因です。

しかし、パスツレラ菌に感染しても必ず症状がでるとは限りません。

日頃の健康状態や、ストレスと関連して症状が出るといったケースが多いです。

特に季節の変わり目や、騒音、不衛生な環境などウサギにストレスがかからない環境を作ってあげる事が大事です。