「ハムスターの飼育方法。」カテゴリーアーカイブ

ハムスターにあげるべきヒマワリの種の量は。与えすぎはNG??

スポンサードリンク

■ヒマワリの種のあげすぎはハムスターの肥満の原因


画像:flickr

ハムスターのエサとしてヒマワリの種をあげすぎていませんか?

多くの人が「ハムスターのエサといえばヒマワリの種!」と考えているかもしれません。

ペットショップでもハムスター用のヒマワリの種が売られている光景もよく見られます。

ハムスター自身もヒマワリの種が大好き。


動画:youtube

こんな風に可愛くおねだりされるとついついヒマワリの種をあげたくなってしまいます・・。

ハムスターは雑食性で、与えられたエサは何でも食べてしまいます。

ハムスターがヒマワリの種が大好きな理由


画像:pixabay

ハムスターがヒマワリの種を大好きな理由は、脂肪分が非常に高いため。

人間と同じく、高脂肪の食べ物を好みます。

ハムスター用のエサ(ペレット)、通称カリカリよりも高脂肪の食べ物を好む傾向があります。

ペレットは栄養のバランスは取れていますが、ハムスターのとってはあまり好物では無い様子。

ミックスフードとペレットを交ぜて与えても、ペレットばかりを残し、ミックスフードばかりを食べてしまうこともあります。

こういった食生活はハムスターにとってよくありません。

対策としては、1~2週間かけてハムスターの食生活を改善していきましょう。

毎日、少しずつミックスフードの量を減らしていきペレットの量を増やしていきます。

急に与えるエサを大きく変えると、ハムスターにとってストレスとなります。

時間をかけてゆっくり食生活を変える事がポイントです。

ハムスターの肥満はなぜ危険か


画像:photozou

ハムスターの肥満が要注意なのは、様々な病気の原因となるためです。

以下にあげるような病気の原因となってしまいます。

1、腎臓病
腎臓病は高齢が原因でかかることが多い病気ですが、肥満が原因でもかかってしまいます。
病状としては、体重は落ちていく一方、体のむくみが増えていくといったものです。
これは腎臓が正常に機能せず、体の老廃物が排出されないためです。

2、肝臓病
食生活、遺伝などが原因でかかってしまう病気が肝臓病です。
症状としては、食欲の低下や下痢といった症状が見られます。お腹に水がたまってしまう「腹水」といった症状がでることもあります。
これは肝臓に以上があり、栄養や水分が正常に吸収されないため起こります。

3、皮膚病
皮膚病はお腹や背中部分の体毛がはげてしまう病気です。
栄養のバランスが偏ったり、ハムスターが大きなストレスを抱えている際に見られる病気です。
肝臓病や腎臓病と違い、飼い主が見て分かる病気なので異常があればすぐ動物病院に連れて行ってあげましょう。


ハムスターにとって肥満は万病のもと。

「少し太った?」と感じたり、適正体重以上になったり、下記で紹介している肥満のサインがあれば、要注意しましょう。


ヒマワリの種はどれくらいあげればいいの?

ハムスター,ひまわりの種,与える量,肥満,
画像:pixabay

ヒマワリの種の目安は1日3粒程度で十分です。

ほお袋にエサをためる姿は可愛いですが、あげ過ぎには注意しましょう。

また、同じく高脂肪であるナッツやくるみ、マメ類もあげすぎには注意が必要です。

ハムスターは一度肥満になるとなかなか痩せにくい体質をしています。

普段から飼い主が注意をし、ハムスターの健康には気を遣ってあげましょう。

安心しきって仰向け寝するハムスター達。何でこんなポーズをする??

スポンサードリンク

■ハムスターが仰向けで寝るのはどんな時?


画像:youtube

普段は小さく丸まって寝ているハムスター。

しかし、時々お腹を出して無防備に仰向けで寝ている可愛いときもあります。

こんな時はハムスターが油断してすっかり安心しきっている証拠。とても落ち着いた環境にいて幸せを感じているかもしれません。

普段とは違う寝方で、「ちょっと様子がおかしい?」と感じルこともあるかもしれません。

注意すべき時とそうでない時はどのようなパターンなのでしょうか??

■ハムスターが仰向けで寝るのはなぜ?


画像:flickr

ハムスターやうさぎなどは本来、草食動物であるため、すぐに敵から逃げられるように丸まって寝ています。

草食動物がお腹を出して仰向けで寝るのは、3パターンが考えられます。

1つめは弱点であるお腹を見せる事で安心を表しているとき。

草食動物は安心や落ち着きを感じる相手にはお腹を見せる事に抵抗がありません。

家で飼いならしたハムスターやうさぎなどはすっかり油断しきってお腹を見せながら寝る事があります。

もう1つのパターンは体温を下げようとしている時。

気温や体温を暑いと感じているとお腹を出して体温を下げようとします。

また、3つ目のパターンとして病気の可能性もあります。

これは、毎日お腹を出して寝ている場合には注意が必要です。

うつぶせになって寝られない理由があるのかもしれません。

お腹にしこりがないか診て上げましょう。

■仰向け寝=病気という訳ではない。


画像:flickr

ハムスターが仰向けで寝ていると、普段と違うため心配してしまうかもしれませんが、このような寝方をすることはよくあることです。

草食動物は基本的に丸まって寝ていることが多いですが、ハムスターは体が柔らかく仰向けで寝ることも苦な体勢ではありません。

また、気温が高い時は体毛の少ないお腹を出すことで体温を下げようとしていることもあります。

しかし、このような寝方をずっとしている場合はよく観察してあげることが必要です。

お腹にしこりができてうつ伏せで寝にくいことや、室温が適切ではなく暑がっている可能性もあります。

「毎日お腹を上に向けて寝ている…」といった場合は、ハムスターの様子をよく見てあげましょう。

■油断して仰向けで寝る姿は可愛い!

ハムスターが仰向けで寝る姿はとても可愛いですよね♪

ハムスターの「仰向け寝」の画像や動画を紹介します。

ハムスター,仰向け寝,寝方,お腹,
画像:flickr

壁にもたれてスヤスヤ眠るハムスター。
安心しきっています♪


動画:youtube

時にはこんな感じで固まったように眠る事も♪
手と足がピンとしています。


動画:youtube

だんだんと仰向けになってしまうハムスター。
眠気にはどうしても勝てません。

こんな感じで仰向けになっていくんですね♪


動画:youtube

始めは仰向けでごはんを食べていくのにだんだん眠気が襲ってきます。
2分くらいから目がトローンとしてだんだん寝ちゃってしまいます。

【肥満&健康管理】太ってしまったハムスターの適切なダイエット方法。

スポンサードリンク

■ハムスターの最適なダイエット方法は?


画像:photozou

ハムスターは実は太りやすい動物。体が小さい分、少しの食べ過ぎなどでも太ってしまいます。

ハムスターの肥満に原因は主に、運動不足高脂肪のエサの取り過ぎなどです。

特に、ヒマワリの種のあげ過ぎには注意。ヒマワリの種はハムスターの大好物ですが、かなり高脂肪なので肥満に繋がりやすい食べ物なのです。

また、ハムスターは一度太ってしまうと痩せにくい体質をしています。

間違ったダイエット方法はハムスターの体に負担を与えてしまいます。

今回は、最適なハムスターのダイエット方法について紹介します。

ハムスターのダイエット方法1「エサを改善しよう」


画像:flickr

まず始めに改善したいのが、エサの与え方

食生活で肥満を改善する事ができます。そのためにはハムスターにとってどんなエサが太りやすいか知る必要があります。

ハムスターにとって太りやすいエサとは種子類など高カロリーのエサ

ハムスターが太ってしまった場合は、ペレットと野菜中心のエサに切り替える必要があります。

ただ、注意すべきなのは食べる量を一気に減らさないということ。

エサの量を急に減らす事はハムスターにとってストレスになり、体を弱めてしまう可能性があります。

ペレットの場合はダイエット用のペレットも販売されています。

まずは、食生活から改善してみましょう。

ハムスターのダイエット方法2「ストレスが溜まっていないか確認しよう」


画像:photozou

ストレスもハムスターにとって肥満の原因となります。

まず、確認したいのはケージの広さが適切であるかということ。

狭いケージで飼育している場合はハムスターが適切に運動できていない場合があります。

狭いケージであるとハムスターに必要な設備が整っていない場合もあります。

回し車は当然必要ですが、寝る場所が暗くない、通気性が悪く適切な温度管理がされていないなど飼い主の気付かないストレスを抱えている場合もあります。

ハムスターのダイエット方法3「その他の肥満の原因について知ろう」

ハムスター,肥満,ダイエット,太った,体重
画像:flickr

ハムスターはエサの食べ過ぎや、運動不足などだけが肥満の原因ではありません。

時期的な要因が肥満に繋がっている可能性もあります。

時期的な要因のひとつは、成長期であること。

生後から3ヶ月ほどは多くの栄養を必要とします。この時期はかなりの量のエサと栄養を必要とし、一時的に太ることが多いです。

また、妊娠中や授乳期も太りやすい時期でもあります。

この時期の母親ハムスターは普段の2倍の量のエサを必要とします。

子供に栄養を与える必要があるため必然的に太ってしまう時期です。

この時期にハムスターにダイエットを強要してはいけません。

必要な栄養が摂取できない母親ハムスターは育児放棄してまうケースもあります。

もう一つの時期的な要因としては、冬の寒い時期に備えるため。

ハムスターはもともと砂漠の地域に生息している生き物で、寒さには弱い生き物です。

そのため、日本の寒さにはめっぽう弱いもの。

冬の寒さに備えるため、本能的にエサをたくさんとる時期でもあります。

また、この時期は換毛期でもあるため毛の量が増え太って見える事もあります。

ついついあげちゃう「おやつ」も要注意!

ハムスター,おやつ,ひまわりの種,画像,可愛い,写真
ハムスターの大好物「ひまわりのタネ」。

夢中で頬張る姿はとっても可愛いですが、ひまわりのタネも肥満の原因となることが多いです。

実はひまわりのタネはとっても高脂質

おやつとして適度に与えるものであり、適量以上にあげてしまうと、肥満の原因となってしまうのです。


ハムスターの適正体重は?

ハムスター,肥満,ダイエット,体重,体重計,重さ

ハムスターの適正体重についても知っておきましょう。

ゴールデンハムスターの適正体重は100グラム前後。150グラム以上になると肥満となります。

ジャンガリアンハムスター・キャンベルハムスターは40グラム前後が標準です。50グラムを超えると肥満となります。

ロボロフスキーハムスターの適正な体重は25グラム前後。40グラムを超えると肥満となります。

ハムスターの適正体重を知り、肥満となった場合にはこまめに体重をチェックしてあげましょう。

【ハムスターの種類と標準体重】
ゴールデンハムスター 80~150グラム前後
ジャンガリアンハムスター 30~40グラム前後
ロボロフスキーハムスター 15~30グラム前後
チャイニーズハムスター 30~40グラム前後
キャンベルハムスター 30~40グラム前後

ハムスターの肥満のサインを知ろう!!

ハムスター,おやつ,ひまわりの種,画像,可愛い,写真,肥満,体重
「ハムスターがちょっと太った?」と感じる時には肥満のチェック項目についても合わせて確認しましょう。下記の項目の中で該当事項があれば、体重の増加が始まっている可能性があります。

・転んで起き上がる際に時間がかかる。
・お腹の毛が以前より薄くなっている。
・足の付け根がたるんでいる。
・運動量が減った。
・体が支えられずうんていをして遊ぶ量が減った。

運動量が減ること以外にも「お腹の毛が薄くなる」ことも肥満のサインとなります。お腹が出てくると地面に擦ることが多くなり、お腹の毛が薄くなることがあります。

ハムスターは非常に痩せにくい。

一度肥満になってしまったハムスターは非常に痩せにくいといわれています。

ハムスターの肥満の原因のほとんどは食事であり、運動量を増やすことは改善に繋がりません。

また、急激に餌の量や種類を変えることはハムスターにとって非常にストレスとなってしまします。

肥満対策として食事を変える際には、栄養が十分に取れること、食事量を減らすなど極端な変化を与えないことが必要です。

そのため、ハムスターの肥満対策ペレットを与えることは非常に効果的。

ハムスターのダイエット用ペレットは下記の特徴があります。

①良質な穀物を使用しているため、低脂肪で肥満を抑える。
②消化・吸収を助けるように食材が使用されており、野菜も配合されているため栄養価が高い。

こちらはハムスターの肥満予防や、少し肥満が心配になってしまったダイエットの入門としておすすめ。
低カロリーで栄養価の高いペレットです。

こちらは本格的にダイエットが必要なハムスター用のペレットとなっています。

「ダイエットメンテナンス」と比較し、栄養価が高く脂質が低い成分が使用されています。

夏の暑さに注意!ハムスター飼育5つの確認事項。

スポンサードリンク

■夏を乗り切るためのハムスターの飼い方。

ハムスター,熱中症,日射病,暑さ,夏バテ
Jannes Pockele

ハムスターにとっての適温は20~26度前後といわれています。

しかし、日本の夏の場合だと、一日中ハムスターの適温を維持することは難しいかもしれません。

ハムスターも気温が高い場所にずっといると、熱中症になる可能性もあります。

急にハムスターがぐったりした・元気がなく全く運動しない、といった症状が見られた場合には熱中症にかかっている可能性があります。

ハムスターの熱中症の対応は、下記の記事をご参考に。

■関連記事

気温が高いこの季節。
ハムスターの飼育にはどのような事に注意が必要なのでしょうか。

■室温がハムスターの適温になっているかこまめにチェック。


masato_photo

ハムスターの飼育ケージに温度計は設置していますか?

特に暑い季節は、室温をこまめにチェックしてあげる必要があります。

エアコンで温度調整をしていても、ハムスターの飼育スペースは適温になっていない場合もあるためです。

特にハムスターのケージを、部屋の角や、窓の近くに置いていると、湿気や日光の影響でとても室温が高くなっている場合もあります。

また、ハムスターを水槽のケージで飼っている場合は夏の湿気に要注意です。

■エアコンは効果的。一方扇風機は効果無し。


digital_image_fan

室温を適温にするためには、エアコンを使ってあげましょう。

エアコンは効果的な一方、扇風機はハムスターにとって効果はありません。

ハムスターは毛皮に覆われ、汗を全くかきません。そのため、人間のように風を当てられて涼しいと感じることはありません。

室温が高い状況で扇風機の風を当てられることは、逆効果となってしまいます。

ハムスターにとって扇風機は、暑い熱をずっと浴びているような感覚になります。

■湿気対策とこまめな掃除をしてあげよう。


flickr ict.wa4

夏は湿気にも要注意。

特にハムスターのケージは飲み水がこぼれたり、トイレなど湿気がたまりやすく。夏は不衛生になりがちです。

また、ハムスターの飲み水もこまめに換えてあげましょう。

ハムスターの飼育環境が不衛生であると、病気になる可能性が高くなります。

不衛生でストレスが溜まると、食欲不振や運動不足などで様々な病気を併発します。

夏は特に、こまめな掃除を心がけてあげましょう。

■蚊取り線香にも要注意。


sayot

ハムスターがいる場所では、蚊取り線香にも注意が必要です。

特に、化学物質を使用している殺虫剤はしっかり換気をして使用しましょう。

殺虫剤で最も一般的に使用されている成分にピレスロイドという成分があります。

この成分は、虫や爬虫類には効果の高い成分であり、ほ乳類の動物には害は低いと言われています。

しかし、このピレスロイドの効果が少なからず、ペットにも影響を与えている可能性も指摘されています。

このような殺虫剤を使用する場合は、用法を良く守って使用しましょう。