「猫アレルギー」カテゴリーアーカイブ

猫は虫歯にならない??歯周病に注意は必要??注意したい歯の病気とは。

スポンサードリンク

猫は虫歯にならない?


Kevin Lau

「猫は虫歯になるの?」

猫用のおやつなども販売されており、歯の病気にかからないか疑問に思う飼い主さんもいるかもしれません。

猫は虫歯になりにくい動物。猫が虫歯になるケースはほとんどありません。

虫歯になりにくい理由は歯の構造のため。

猫の歯の構造は、人間のように歯がきっちりと並んでいません。

そのため、歯に食べかすがつきにくい作りになっています。

また、肉食動物は基本的に虫歯になりにくい生き物。

肉は分解されるとアルカリ性になるため、虫歯の原因となる酸性を口内に溜めにくいのです。

しかし、「猫の歯が黒くなっている?」という場合もあります。

このようなケースは別の病気の可能性があるのです。

歯が黒くなるなるケースって?


PROhehaden

猫の歯が黒くなるケースとして、歯が欠けたり、折れた箇所から歯石が溜まっているケースがあります。

硬いものをかじったり、猫同士でじゃれあったりしている時に歯を傷つけてしまい、この傷ついた部分に歯石が溜まり、黒くなってしまうケースがあります。

歯石が溜まってしまうと、猫の歯周病に気をつけなければいけません。

実は、猫は虫歯のリスクはありませんが、歯周病になっているケースは多くあるのです。

猫の歯周病ってどんな病気?


John Morton

歯周病は歯に付着した歯垢や歯石が原因となって、歯茎に炎症が起きてしまう病気。

歯周病になってしまうと、歯がグラグラしたり、歯茎が腫れ上がってしまったり、重症の場合は食事をとることも困難になります。

歯周病が進行してしまうと、治療はとっても大変。

歯を抜く手術や全身麻酔が必要になってくる事もあるのです。

猫は歯周病になりやすい動物。

猫,虫歯,歯周病,歯の病気,
John Morton

猫は虫歯になりにくい一方、歯周病にはかかりやすい動物です。

猫は奥歯に歯垢が付着しやすく、歯石となりやすいため歯茎のトラブルになりやすいのです。

人間と比べ、猫ちゃんは歯のケアがあまりできません。

成猫ちゃんの8割が歯周病にかかっているともいわれています。

歯周病の予防のためには、普段から猫ちゃんの歯をケアしてあげましょう。

ねこ用の歯ブラシを使ってあげることも一つの方法。

歯垢がたまりやすい奥歯を中心に、歯の汚れを綺麗にしてあげましょう。

しかし、これは慣れていない場合、嫌がる猫ちゃんも多いので難しいかもしれません。

そのような場合には、歯の健康に良いデンタルおやつを使う事も一種の方法です。

また、普段から猫ちゃんの口の中をチェックしてあげて歯の欠けや、腫れがないか確認してあげましょう。

特に奥歯は歯の異が出やすいですが、飼い主さんの目につきにくい箇所なので注意が必要です。

普段から猫ちゃんの歯をチェックして、健康に気を遣ってあげてくださいね。

【猫アレルギー】症状一覧と対策方法まとめ。

スポンサードリンク

猫アレルギーは具体的にどんな症状があるの?


kf_photographie

猫アレルギーにはどんな症状があるのでしょうか。

猫アレルギーは猫の飼い主さんでも気づかないケースもあります。

一般的に軽度の症状であると、目のかゆみやくしゃみといったものであるため、「ちょっと体調が悪いだけかな?」と勘違いしてしまうこともあります。

また、猫アレルギーは飼い始めは全く症状がなくても、急に発症するというケースもあります。

今回は、猫アレルギーの症状について説明をしていきたいと思います。

こんな症状が出たら猫アレルギーかも?


faungg’s photos

~目の症状~

・かゆみ
・まぶたの腫れ
・充血
・目やにが増える
・涙が出る

目の症状には上記のものがあります。

軽度の場合だと、かゆみ目やにが出るといったケースが多いですが、重度になるとまぶたが腫れてしまうということもあります。

~鼻の症状~

・鼻水が出る
・くしゃみ
・ムズムズする
・鼻づまりが酷くなる

鼻の症状は一見、風邪のような症状が出てしまいます。

猫アレルギーに気づいていない多くのケースは、これらの症状が慢性的な鼻炎や風邪の状態と勘違いしてしまうケースが多いようです。

~喉の症状~

・イガイガする
・咳
・息切れ

喉の症状には上記のようなものがあります。
特に重度のケースでは、喘息のような息切れを感じるケースもあります。

~肌の症状~

・かゆみ
・赤み
・腫れ
・しっしん
・蕁麻疹のようなもの

肌の場合は目に見える症状が出ます。

特に猫アレルギーと分かりやすいケースでは、猫に触れた箇所のみ腫れが出るといったものもあります。

猫飼いさんでも自覚していないケースも。

猫アレルギー,症状,風邪,鼻水,目やに,かゆみ
yui*

猫を飼っている人の中でもアレルギーに自覚がない場合も多くあります。

これは目のかゆみや鼻づまりといった症状が花粉症や、風邪の初期症状と似ているため。

ただの体調不良や、別のアレルギーと勘違いしてしまうことも多くあります。

また、長年全く症状が出ず、ある日突然発症するといったケースもあります。


猫アレルギーを持つ人の割合は、日本人の場合10人に1人ほどいるのではないかともいわれています。

現在猫を飼っている場合でも、これから猫を飼おうと思っている場合でも、アレルギーの可能性を感じたら、病院で検査をしてみることをオススメします。

猫アレルギーは完治する症状ではありませんが、対策次第で症状を軽減することができます。


猫を飼う前に!!猫アレルギーの検査ってどんなもの??症状は緩和できる??

スポンサードリンク

猫アレルギーが気になるなら検査はできる?


Alan Turkus

最近では、ペットの飼育において犬より猫の頭数が増え、猫を飼う人も増えてきました。

「可愛い猫を飼いたい!」そう思っていても、飼育する前にチェックしておきたい事があります。

それが「猫アレルギー」の有無について。

猫アレルギーとは猫と接したり、同じ空間にいることで引き起こされる症状のこと。

「猫を飼って初めて自分が猫アレルギーとわかった。」そんなケースもまれにあります。

猫アレルギーはどんな症状が出る?

猫アレルギー,検査,治療,費用,画像
Becky Stern

猫アレルギーの主な症状には下記のものがあります。

・目の充血
・鼻水やくしゃみ
・咳や喉の痛み
・皮膚のかゆみや赤み

食べ物のアレルギーと同じく、人によって症状は様々。

目のかゆみだけでる人もいれば、喉の痛みや肌のかゆみなど複数の症状を併発する人もいます。

アレルギーの主な原因は、猫の抜け毛や唾液などからアレルギン成分が体内に入ってしまうことで症状が引き起こされます。

具体的な症状は下記をご参考に。


猫アレルギーは検査できるの?


Steven Depolo

現在は病院でも猫アレルギーについて検査することができます。

アレルギーのチェックは皮膚科で診察を受けることが可能。大きい病院では「アレルギー科」というアレルギー専門に診察してくれるところもあります。

検査方法は血液検査。少量の血液を採取してアレルギーに反応があるかを調べます。

値段については病院や、チェックする項目の多さによって様々ですが、3000円ほどが平均となっています。

検査結果は5段階の評価で判定され、数値が高いほど重い症状となります。

猫アレルギーは治療可能?


Scott Akerman

猫アレルギーは根本的な治療は不可能とされています。

少しでもアレルギー反応を抑える手段として、薬を服用する方法もありますが時間も費用もかかることが多いようです。

猫アレルギーを持っている場合は、猫を飼う際かなりの苦労が必要かもしれません。

部屋の掃除を徹底的に行ったり、抜け毛のこまめな対策、空気清浄機を設置したりといったことで症状は少し緩和するケースもあるようです。


もし、猫を飼いたいと思っていてもアレルギーの心配がある方は、一度診察を受けてみるほうがいいかもしれません。

猫飼いさんでも注意?実はこんな症状は「猫アレルギー」かも??

スポンサードリンク

症状がでていないと思っても「猫アレルギー」かも??


画像:flickr

猫と同じ空間にいると、くしゃみや鼻水が出てしまう症状「猫アレルギー」

猫アレルギーの原因としては猫の抜け毛や分泌物が原因。

猫は体をグルーミングする習性があり、家具や衣服などに付いた唾液の成分などでも猫アレルギーの症状が出ることがあります。

症状の中には風邪の初期症状花粉症に似ているものもあるため、「猫アレルギーではないと思っていても「実はアレルギーが原因で体調不良だった!?」なんてこともあります。

猫アレルギーの症状はどんなもの?


画像:flickr

猫アレルギーには軽度の症状と重度の症状のものがあります。

■軽度の症状
・皮膚が赤くなる。かゆみ
・くしゃみ
・充血、目のかゆみ
・まぶたの腫れ
・鼻水
・唇の腫れ
・喉の痛み

■重度の症状
・呼吸が困難になる
・じんましん
・喘息のようなせき

猫が近くにいた時にこのような症状が出る場合は猫アレルギーの可能性が高くなります。

軽度の症状の場合は、花粉症や風邪の初期症状に似たようなものがあります。
そのため、「ただの体調不良かな?」と捉えてしまうこともあります。

猫アレルギーか調べる方法は?


画像:flickr

自分が猫アレルギーかどうかを調べるためには、血液検査を病院で行う必要があります。

血液検査は皮膚科、内科、耳鼻科、アレルギー科といった病院で受けることができます。

値段に関しては5,000~10,000円ほどかかる検査になります。

この検査は「RAST検査」という種類になりますが、猫だけでなく食べ物や花粉といったアレルギーもまとめて検査をすることができます。

■RAST検査

下記の中から13項目を選んでアレルギーを調べることができます。
・卵
・魚・魚卵
・果物
・ペット
・花粉、植物
・肉類
・甲殻類
・穀物、マメ類
・野菜
・ホコリ
・昆虫
・カビ

動物だけでなく、花粉や食べ物は自分の体を知るために検査しておきたいもの。
ペットのアレルギー以外にも疑いがある項目は調べておいても良いかもしれません。

猫アレルギーでも猫を飼いたい場合は?対策方法はあるの?

猫アレルギー,原因,血液検査,症状,対策,掃除,RAST検査
画像:flickr

猫アレルギーが判明した場合でも、軽度の場合であれば猫とうまく生活することができます。

しかし、症状を悪化させないためにも下記の項目には注意が必要です。

■部屋は常に清潔に。
猫アレルギーの症状は体の免疫が弱っている時に発症しやすくなります。
また、部屋のハウスダストや、カビ、ダニやノミといったアレルギーの原因となる物質も発症の要因となります。そのため、部屋の中は常に清潔に、空気清浄機やこまめな掃除機をかけ、原因物質をできる限り減らす必要があります。また、猫のトイレや餌やり場所などは猫の分泌物が付いているので、清潔にしておく必要があります。

■家の中の環境を整えよう。
猫アレルギーは猫の抜け毛などが原因で発症します。そのため、家具や衣服に付いた毛でもアレルギーの症状が発生する可能性があります。カーペットやクッションを毛の絡まりにくい素材にしたり、衣服は猫の入らないスペースにおいておくようにしましょう。また、寝室にも猫が入らないよう心がけ、アレルギー発症の要因を減らすようにしましょう。

■猫の種類でもアレルギーの出やすさがある。
猫の種類の中には、抜け毛が少ない種類の猫もいます。そのため、猫の種類によってはアレルギーの発症の可能性を下げることもできます。代表的な猫種は「ロシアンブルー」。短毛種であり、抜け毛が少ない種類です。猫アレルギーの人でも飼いやすい猫種は「ハイポアレルジェニック・キャット(低刺激の猫種)」と呼ばれます。

■ブラッシングやシャンプーで猫を清潔に。
アレルギーの症状を抑えるには、猫ちゃんの体を清潔にしておくことも重要です。特に毛の生え変わる換毛期には抜け毛が増えるため、ブラッシングをこまめに行ってあげましょう。また、猫ちゃんはシャンプー嫌いな子が多いですが、トリミングサービスに連れて行くことも一つの方法です。プロの手によって、抜け毛、ノミやダニなどを取り除き、猫ちゃんも安心して体を綺麗にすることができます。また、猫アレルギーを持っている場合は、できる限り室内飼いを徹底しましょう。猫ちゃんが外に出る機会が増えると、ノミやダニはもちろん、野良猫とじゃれあって家に帰ってくる可能性などもあります。

猫アレルギーでも猫は飼える?


画像:flickr

以上のような対策をふまえていけば、猫アレルギーを持っていても猫を飼うことはできます。

しかし、猫アレルギーがあることで猫ちゃんとのスキンシップや普段の対策も慎重にならなければいけません、、

そのため、アレルギー検査やお医者さんに事前に相談しておくことで「自分がどのくらいの症状で、猫を飼うことができるレベルか?」知っておくことは重要です。

自分の症状の理解と共に、猫ちゃんとの上手なスキンシップを心がけるようにしていきましょう。