「ヤマネコ」タグアーカイブ

【猫の種類】オシキャットってどんな種類?ベンガルとの違いは?

スポンサードリンク

オシキャットってどんな種類??

オシキャット,画像,写真,
画像:flickr

ヒョウ柄の高貴な見た目で、とても体つきがいい外見が特徴の「オシキャット」

体つきも他の猫種と比較し、一回り大きくとても野生的な見た目をしています。

「オシキャット」はどんな種類なのでしょうか?

特徴や性格、販売価格など情報のまとめです。

オシキャットの特徴は?

オシキャット,画像,写真,可愛い
画像:flickr

■オシキャットの基本情報

原産国 アメリカ
体重・体長 4~6キロ・60~90cm
被毛 短毛種
価格 15~20万円
平均寿命 12~15年

オシキャットはアメリカ生まれの猫で、アビシニアンシャムアメリカン・ショートヘアといった種類を掛け合わせることで誕生した種類です。

そっくりな猫に「ベンガル」というヒョウ柄の猫種もいますが、ベンガルはヤマネコとの掛け合わせによって生まれた種類です。

ヤマネコの血を受け継ぐ、ベンガルはとっても飼育が難しい種類。

いたずらも大好きで、人に懐かせることも時間がかかることがほとんど。

しかし「オシキャット」は、もともと飼育用に誕生していた猫種を掛け合わせた種類のため人になつきやすいとういう特徴があります。

オシキャットという名前は野生のヤマネコ「オセロット」に見た目がそっくりなことからつけられています。

オセロット,画像,写真,オシキャット
※オセロットはこんな見た目をしています。

もともとは、アビシニアンシャムを交配させた際に、斑点模様が特徴的な猫が誕生したことがきっかけ。

特徴的な斑点模様を受け継ぐために、アメリカンショートヘアーを掛け合わせることで現在のオシキャットが誕生しました。

オシキャットはどんな性格をしている??

オシキャットは非常に知性の高い猫。その賢さは犬並みと言われています。しつけすぐ覚え、投げたボールを取ってくるなど遊びもすぐに覚えます。

野生的な一面もあり、小さい時はやんちゃんな時期もあります。運動が大好きな性格なので、遊ぶ環境を用意してあげましょう。

また、気を許した人にはとても人懐っこい性格をしており、甘えたがりな性格のため、とても愛らしい一面も見ることができます♪

見た目によらずとっても賢い??


画像:flickr

オシキャットの特徴はとっても頭が賢いこと。

芸を覚えたり、飼い主とじゃれ合うことが大好きといった性格で猫よりも犬っぽい性格をしています。

遊ぶこともとっても大好き。走り回ったり、水に入ることに抵抗がない猫でいろんな遊びを積極的に覚えていきます。

オシキャットの販売価格は?

オシキャットは珍しい猫種のため、販売されているお店がそれほど多くはありません。

ペットショップで手に入れるよりも、ブリーダー経由で入手するケースがほとんど。

お値段に関しては15~20万円ほどが相場となっています。