「飼育」タグアーカイブ

【飼育費用や性格は?】ペットとしてミニブタを飼う時に知っておくべきこと。

スポンサードリンク

ミニブタのペットとしての魅力。

ミニブタ,飼育,ペット,画像,写真
画像:flickr

最近、ミニブタをペットとして飼う人が増えている事をご存知でしょうか。

人気のきっかけはイギリスで注目されたこと。

ミニブタの知能が高い事が注目され、しつけや人間との交流ができるということが分かりました。

ミニブタの知能は高く、犬や猫よりも賢いともいわれています。

中には、犬と同様にお手なども覚える事もできるのだとか。

そのため、海外でペットとして飼う事が注目され、人気が高まっているのです。

芸能人でも元サッカー選手の前園真聖さんや、モデルの森泉さんがペットしてミニブタを飼っているとテレビで取り上げられることもあります。

ペットとしては非常に優秀。

ミニブラ,画像,写真,ペット,飼育,可愛い
画像:photozou

ミニブタの魅力はとてもキレイ好きという面もあります。

多くの人には知られていませんが、ブタは基本的にキレイ好きな生き物です。

しつけをすれば、トイレや食事場所も簡単に覚えてくれます。

また、飼い主に非常になつくという特徴も持っています。

ブタは野生では集団で生活しています。そのため人間にも触れ合う機会が多くなる事で、交流する事に抵抗は無くなります。

また、非常に頭がいいこともミニブタのペット地しての魅力の一つ♪

ミニブタは犬よりも知能が高いといわれ、人になれることが早く芸も覚えることができるのです。

なつくけどもさみしがり屋さん??

ミニブタ,飼育,ペット,画像,写真
画像:flickr

ただ寂しがりやな一面もあります。

豚は本来集団で生活している生き物。そのため、飼育環境によっては単独でいることがストレスに感じることもあります。

寂しがりやなブタはストレスを紛らわすため、家具をかじったりすることも、、。

犬や猫と比較して力が強い動物のため、飼育で苦労する点かもしれません。

ミニブタは散歩ができるの?

ミニブタ,飼育,ペット,画像,写真
画像:flickr

ミニブタも室内の飼育環境では、運動不足になるため散歩をする必要があります。

毎日15分ほど外で散歩する時間を作って上げることが理想です。

また、ハーネスは犬用で代用することも可能です。

ブタは力強く、また胴体に引っかかる部分がないため体の胴回りまで覆って止められるものを使用することがベストです。

お散歩中は拾い食いには注意しましょう。

ブタは雑食であり、草などが目に着けば食べようとしてしまいます。

公園の草などは除草剤が巻かれていることもあるため、食べさせないように行動に注意しましょう。

また、ブタは被毛がないため夏の日差しには弱いです。

夏場の散歩は夕方以降の日差しの弱い時間を選び、またアスファルトの熱が冷めたことを確認して散歩に連れていってあげましょう。

とっても珍しい動物のためお散歩中は公園の注目の的になるかもしれません♪

ブタとミニブタの違いは?

ミニブタ,飼育,ペット,画像,写真,ぶた
画像:photozou

ミニブタとは一般的な家畜のブタより小さい種類のことをいいます。

一般的な家畜用のブタの大きさは200~300キロ程度の大きさです。

ミニブタとはそれ以下の大きさの種類のことなので、100キロ程度の大きさに成長する種類もいます。

小さい時は2~3キロ程度の大きさですが、成長すればかなりの体重になることもあります。

また、ミニブタよりもさらに小さい「マイクロミニブタ」という種類もいます。

【エサや予防接種は??】赤ちゃんのネコを飼う時に気をつけたい5つの重要な事。

スポンサードリンク

ネコの赤ちゃんを飼う時に気をつけたい事。


画像:pixabay

ネコの赤ちゃんを初めて育てる時は不安な事が多くあります。
「エサはどうすればいい?」「予防接種の必要性は?」といった疑問が出てきます。

今回はネコの赤ちゃんを飼う時に気をつけるべき5つの事を紹介します。

■赤ちゃんネコのエサはどうすればいい?

猫,赤ちゃん,画像,飼育,可愛い,画像
画像:pixabay

赤ちゃんネコは、生後1か月半くらいまでは母親の母乳だけで育ちます。また、この時期は排泄も自力ではできないので、しっかりと世話をしてあげなければいけません。

ネコの赤ちゃん用の哺乳瓶も販売されています。生後1ヶ月間くらいまでは哺乳瓶でネコ用のミルクを与えましょう。ミルクは濃度や温度も重要です、適切な濃度にして、温度は38度程度にしましょう。牛乳は与えてはいけません。人間用の牛乳はネコが下痢をしてしまいます。

人間と同じで、寝て・起きてを不定期に繰り返します。時間もネコによって様々です。2時間おきに泣き出す子や、ずっと寝たままの子、とネコのよって様々です。

■猫の赤ちゃんの予防接種の時期は?


画像:pixabay

猫の赤ちゃんの予防接種の必要な時期は、母親の初乳(しょにゅう)という、初めて母乳を飲んだ時期が重要な判断材料となります。

初乳を十分に飲んだ場合は、生後8週間に1回、生後12週後にもう一回必要となります。

初乳を十分に飲まなかった場合は、生後4週間後に1回、生後8週後にもう1回、生後12週後にさらにもう一回必要となります。

これは、母乳を飲んだかどうかで猫の赤ちゃんの免疫力が大きく変わるためです。

また、予防接種は必ず受けておいた方が良いです。

予防接種を受けずにいると、大人にってから大きな病気にかかる可能性があるからです。

■重要なのは赤ちゃんの体温調節。


画像:pixabay

生後1ヶ月半の時期は自力では体温調節ができません。本来は、母親に寄り添って体を温めてもらいます。
母親があまり世話をしない場合、ネコの母親がいない場合などはカイロやペット用のヒーターで体温調節をしてあげる必要があります。

猫は気温に敏感です。大人になってもヒーターや毛布で暖かい場所を確保することは健康管理において重要な事です。

■赤ちゃんの体重もこまめに気を配りましょう。

猫,体重計,画像
画像:pixabay

ネコの赤ちゃんが健康に育っているかを知るために、こまめに体重にも気を配りましょう。出生時の平均体重は80~100gほどです。ネコの赤ちゃんは1週間で100gずつ体重が増えるといわれています。

こまめに体重記録をつけて、健康管理をしてあげましょう。

■目がちゃんと開いているかもチェックしましょう。

猫,爪,画像,
画像:pixabay

ネコの赤ちゃんは生まれた時はまだ目があいていません。生後1週間くらいでだんだん開眼してきます。生後2週間を過ぎるとほぼ目が完全に開眼してきます。この時期から歯も生え出して、耳も少しずつ聞こえるようになります。

個体差はありますが、目が開眼してこないといった様子があれば、すぐに病院に相談しましょう。