猫に日光浴が必要な3つの理由とは?効果はどんなもの?

スポンサードリンク

猫ちゃんが大好きな日光浴。その効果は?

猫,日光浴,効果,写真,画像,ノミ,ダニ
Steam Pipe

猫ちゃんが大好きな日光浴

室内飼いの猫ちゃんでも、窓際の日光が当たる場所を見つければ気持ち良く日向ぼっこをしていることが良くあります。

猫はとても寒がりな動物。

温度の変化にはとても敏感です。そのため、猫は温度が暖かいところを探すのがとても得意。

鼻の先で温度を感じ取り、家の中でも暖かいところを見つけ出すのです。


実は、日光浴には体をぽかぽか温めるだけではなく、猫にとって様々な効用があるのです。

日光浴の効果1 体の免疫を高める


Bernhard Latzko

日光浴をすることには体の健康を保つという目的があります。

多くの動物は日光の紫外線を浴びることにより、ビタミンDを体内で作り出します。

人間の場合にも、日光浴は大事な栄養素。

日光浴を十分に浴びていない人は、免疫力が低かったり、うつ病にかかる人が多いというデータもあります。

猫にとってもビタミンDはカルシウムやリン酸といった栄養を吸収を促進する大事な要素。

しかし、ビタミンDは食事のみでは満足いく量が摂取できないため、日光浴が必要となるのです。

栄養の吸収を高めたり、免疫を強くすることなど日光浴には様々な効果があります。

日光浴の効果2 深い睡眠が取れる


Alan Turkus

猫は1日に14時間ほど睡眠をとるといわれています。

猫の習性で、浅い睡眠を長い時間繰り返します。

これは、寝ている時に天敵に襲われた場合でもすぐ逃げることができるようにためです。

飼い猫でもこのような野生の習性を持っており、浅い睡眠を長い時間繰り返しています。

猫は寒いところが苦手なため、暖かい場所を確保することで安心して眠ることができます。

日向ぼっこをしている猫ちゃんはとても気持ちよさそうに寝ている子が多いです。

本能的に暖かい場所を探して、安心できる寝場所としているかもしれません。

日光浴の効果3 毛の生え変わりを促進する


Bernhard Latzko

猫は年に2回、換毛期がきて毛が生え変わります。

換毛期は気温の変化に順応する、猫の衣替えのようなもの。

この換毛期は日照時間や気温の変化を感じ取ることで生じているといわれています。

日光浴をすることで、気温や季節の変化を感じ取り、環境に体を順応させているのです。


日光浴ができる場所を工夫して作ろう!


Jon Ross

猫の健康を考えると、日光浴はとても大事な生活の一部。

室内飼いの猫ちゃんでも日光浴ができる環境を作ってあげましょう。

留守番をさせる場合でも、カーテンは閉めきらず日光が当たるスペースを確保してあげることが大事です。

そのほかにも窓際などに猫ちゃんが寝られるクッションなどを置いてあげると、お気に入りの寝床としてくれるかもしれません。

日光浴の効果を知って、猫ちゃんにとって快適な環境を作ってあげましょうね♪

スポンサードリンク